カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
( ^ω^)みたお
プロフィール

もんた

Author:もんた
 
もんた です。

トレード技術は、なにも優れた人間ではありません。
負けトレードも多いです。
今現在、口座残高が増えていってる訳でもありません。

でも、皆さんと一緒にがんばって、皆さんと一緒にメリケンどもに一泡吹かせたいという夢を持っています。
見せつけましょう!大和魂!


※メルアドです。イタズラ禁止でお願いします。w
   ↓
monta.trade あっと gmail.com

※twitterをテストではじめてみます。アドレスはリンクに載っていまーす。^^
 

ランキングに参加しました。
クリックしてくれると嬉しいです。(*゚∀゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

カテゴリ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗脳容疑で逮捕する!

みなさん、またまたお久しぶりです。w

最近も毎日何時間もしっかりトレードしております。
成績は順調です。(いまのところ)


最近は例のスキャに対する割合が増えています。
デイトレも行っていますが、チャートを見る目がスキャ的になっており、デイトレで入ると その押し戻リでビクつく事が多くなっています。
これは少し問題ですねぇ。。。w


やはり種類の違うトレードを並行するのは無理があるのかもしれません。
異なる方向へのサインが出ると、両方とも躊躇してしまいますね。
ここはやはりメンタルが問題なのでしょうけど、多くの場合で外れクジだけ掴んでしまいます。

今後の課題として取り組んでいきます。^^




さて。
いまさら感もありますが、『順張り or 逆張り』 実際問題 永遠のテーマに感じてきてます。



最近は、いろいろな矛盾点に考えさせられています。
そもそも、投資を始めてから読んだ幾冊の書籍によると、

やれ 『トレンドに乗れ!』 だの
やれ 『逆張りは危険!』 だの
やれ 『ナンピンはするな!』 だの 

これらの注意喚起が多いです。
多いというか、ほとんどの書籍がこう謳っているのではないでしょうか?

そして、おそらくほとんどの初心者がそれを徹底しようと努力しているはずです。
なのに、それにも関らず、90~95%は負けている現実。 これって何かおかしいですよね?
(もちろん、メンタルや資金管理も大きな要因でしょうけど)


少しひねくれた考えですが、
これらの教えって、もしかしたら“洗脳”ではないのか?? とまで考えてしまいます。w



そうした考えの上で順張りと逆張りを考えると、むしろ逆張りこそが勝ち組へ近づきやすいような気もします。


『おい!パラの弟子が順張り否定すんのか!?』 ってのはナシでお願いします。w
別に否定している訳ではありません。
実際、パラさんも『どっちが正解とか、そんなのは無い』って言ってくれてます。^^


僕がそう考えた原因は、さきほどの“洗脳疑惑”もありますが、
その他に気になったのが相場の“トレンド時期&ノントレンド時期の比率”です。

これって、細かくは違っていても、大体の総意として
  トレンド3割 : ノントレンド7割

こんな比率だと思います。


だったら…。 って思いますよね?
みなさんも絶対にそう思った事があるはずです。

だったら、7割のノントレンドを逆張りした方が… って。
どうして全体の3割程度しかないトレンドを苦労して探さなきゃいけないの? って。

これって、かなり効率が悪いですよね?



しかも、殆どの書籍に書いてあるのが、『トレンド発生を確認してから~』という文言です。

これって、3割しかないトレンドの発生を確認してからだと、その確認に1割のトレンド時期が必要だとして、残りの2割部分を狙うって感じですよね?(かなりのドンブリ勘定ですが。w)

しかも、そこから更に “頭と尻尾はくれてやれ”?
じゃあ、実際は何割程度のトレンドに乗るの?
そんなに小さな隙間を狙うのが正攻法なの?

と感じます。


しかも、トレンドっていうのは、間違いなく“終わり”が来ます。
そんな いつ終わるか分からない2割を狙うというのは、とても至難の業ですよね。


これらの個々の重要性はもちろん理解できます。
でも、それを全てこなそうとすると、かなりドMな道を歩む事になるような気がしませんか?

冷静に考えると、 (-公-;) ←こんな顔になっちゃいます…。


もちろん、これらの全ての要因は 一緒くたにするべきモノではないのですが、
入門書などでは、いかにも全てをこなさなきゃいけないような気にさせます。
そして、その考えが正論であるかのように、初心者のまっさらな脳に焼き付けてきます。



実際 僕も “順張りこそ正義!” みたいな考えが根拠もなく、それらの原因で頭に刻まれていました。



なので、長々とタラタラ書いてしまいましたが、言いたい事は


『自分に合ったやり方ならなんでもいいじゃーん。(゚∀゚ )』


って一言だけです。w
そして、順張りにするなら、トレンドを確認してからでは遅い場合が多い と言う事です。
それを克服するだけのアイデアが必要となる と言う事です。




と、考える最近でした。

白川のおっさんが何を言い出すのか分からない今日なので、ブログ更新してみました。^^

みなさんは最近は調子いいですか?
最近のポンドは特に意味不明な動きが続きます。
くれぐれも気を付けてくださいね。

でわ!^^









スポンサーサイト

裁量という名のテクニカル

みなさん、おはようございます。

週末の雇用統計、フル勃起だったようですね。
その頃は、すでに夢の中でした。

みなさんは勝てましたか?
僕はやっていたら死んでいたと思います。w

なので、それを懸念して休んだのは作戦勝ちと言ってもいいのかもしれませんね。w




さて、最近、考えさせられる事があります。
以前の僕は、何にかしらのテクニカルによって完全に数値化できるロジックを一生懸命探していました。
これは、シストレと言っても良いのかもしれませんが、とにかく、エントリーの根拠を感覚ではなく明確な数値とした根拠を持たせるという事です。

しかし、どのようなルールを考えても結果は同じになりました。
リスクを増やせば勝率は上がる。
勝率は上がったが、一回の負けトレードによる精神的、資金的負担が大きくなる。
それを補うため、小さな勝ちをコツコツと積み上げて帳尻を合わせる。

リスクを減らせば勝率は下がる。
勝率は下がったが、一回の勝ちトレードでの利益は大きい。
しかし、それでやっとトントンと言った感じの損切りを実行せざるを得なくなっている。


そんな悪循環に陥るだけでした。
その他にも、うまく噛み合わない事ばかりです。

順張りに徹すればレンジで殺される。

逆張りに徹すればトレンドで殺される。

両方を臨機応変に使い分けようとすると、悪いとこ取りで殺される。


これは僕のセンスが悪いからでしょうか?
もちろんそうかもしれません。
しかし、必ずしも答えは『YES』ではないと思います。



テクニカルで数値化できるロジックとは、逆に考えると『猿でも勝てるロジック』となります。
はたして、相場とはそんなに簡単な世界でしょうか?

そんなロジックがあれば、リーマンBrosではないですが、投資銀行やファンドが倒産するでしょうか?
赤字でヒーヒー言うでしょうか?

世界に数多く存在する銀行やファンド。
その中の人材は、僕が10年かかって辿り着く道を1日で達成するような人材ばかりでしょう。
そのような多くの人材が豊富な英知を振り絞っても達成するのが容易くない事を、僕は一人で実行しようとしていました。

もちろん、これは不可能な事ではないでしょう。
しかし、あまりに非現実的と言わざるを得ないです。


しかし、もともと裁量のみでトレードし、大量の資金を溶かした僕には数値化できない物に恐怖や不安を感じていました。

これも大きな矛盾ですね。
『そんなシステム、簡単に作れない!』 vs 『裁量が含まれるなんて安心できない!』 の構図です。
永遠に決着を見ないでしょう。


自分の裁量を絶対の不安材料とし、全てのトレードで裁量を排除していた僕が最近になって感じる事は、
『今の自分の裁量(相場観)は、昔の裁量(カン)とは別物なのではないか?』という感覚です。

こればかりは言葉で説明しにくいモノですが、最近は本当に“カン”ではない感覚で、相場の動きが見える時があります。

もしかしたら、ただの“カン違い”かも知れませんが。w



そんな感じで、相場を“感じる”事をエントリーの材料としてもいいのではないだろうか?
その感覚をひとつのテクニカルとして考えてもいいのではないだろうか?

そう感じています。


相場を始めて、数週間や数ヶ月ではなく、年単位で負けの苦しみを味わい、それにもめげずにチャートを睨み続けた結果として、ある程度の信頼を寄せても構わない程度の相場観は身に付けられているのではないだろうか?

そう感じています。




僕の好きな映画の中にスターウォーズがあります。
最近は、オビワンに 『考えるな。感じろ!』 と言われているような気がします。w
(ブルース・リーも言ってますし。w)


もう少し自分の今の裁量を信じてトレードをしてみたいと思います。
もし、それで失敗しても死ぬわけじゃないですしね。^^


そんなこんなで、今週もあと数分で始まります。
今週もがんばります。
みなさんもがんばってください。^^


みなさんがフォースと共にあらんことを!







うかれポンチ

みなさん、こんばんわ。

例のスキャですが、かなり調子いいです。w

口座余力が300%達成しました!
( ・`ω´・ノノ ゙☆パチパチパチ パチパチパチパチ (・ω・`oノノ゙☆


とは言っても、たまたま大きな損切りとなるサインを避けられただけなんですけどね。
手法も資金管理も褒められた物ではないですし。w


なにはともあれ300%です。
このまま本口座と並行してしばらくはスキャ口座も回します。



今日は、昨夜の23時からブっ続けです。
もう死にそうなのと、大嫌いな雇用統計なので 今日は終了。帰って寝ます。


みなさんにとっては待ちに待った雇用統計でしょうか?
くれぐれも大怪我のないように楽しんでください。^^

でわ、おやすみなさーい♪

コメントのお返事

みなさん、こんばんわ。

今日は、ちょっと疲れるトレードをしてしまいましたので終了する事にしました。
なので、ブログ更新です。w


で、先日の記事ですが、思いのほか貴重なご意見をいただきました。
みなさんありがとうございます。
ここでお返事とさせていただきます。^^

特に、ゴロ寝さんとrenkinさんは、こんなブログにも関らず深いお話をしていただき恐縮です。w
とても貴重なご意見ありがとうございました。
僕たちにとっては不都合な方向に向いていますが、
それなりの抜け道や対策案も出てくるといいですよね。^^


taizoさんも、口座選びにとても参考になるご意見ありがとうございます。
僕も、今後は海外口座も含めて選びなおそうと思っています。


仮性ニートさんは、年明け後は絶好調なようですね。
1月がそこまで好調であれば、2月の成績に不満もおありなのでしょうけど、勝ちこせたらそれ以上の事はないですね。^^
今後の課題は集中力ですね。w


オロチについては… コメントのしようがないので割愛します。w
気持ちは同じく 木盆 です。w



でわ。^^


現状維持希望

みなさん、こんばんわ。^^

みなさんは今週はいかがでしたでしょうか?
相場はまったりとダラダラ動いているような一週間でしたが、実際に日足などで見ると、それほどダラけた動きでもないように感じます。

なかなかやりにくい相場ですね。


今日は、デイトレではポン円で1勝。 ユロドルで1分でした。計、+50pips です。


先日お伝えしたスキャですが、こちらは昨日も本日も非常に好調でした。

しかし、このスキャはストップを深めに取っている損大利小傾向な手法です。
なので、負ける時にはドカンとくらいそうですので余裕は持てないですね。^^;



さて、このスキャですが、ちょっと悩みがあります。
それはズバリ、今夏から始まるレバ規制です。

たしかに細かく抜くスキャではありますが、しかし気にしているのはレバレッジではありません。
気になるのは、レバレッジ規制による余波。
FX層の縮小。それに伴うスプレッドの拡大です。

これは僕の予想であって、実際にどうなるかは分かりません。
ただ、個人的に、ここ最近の業者間による狭スプ戦争は尋常じゃありません。
この現状を維持できるのは、現状の顧客数の維持は最低条件だと思います。

そのバランスが崩れるのであれば、業者の淘汰はなされるにしろ、スプレッドが現状のままで済むとは考えにくいです。

そうなると、今のスキャの成績も今後維持できるとは安易に考えられません。
そこがとても気になっています。


今夏にはある程度の形が見えるのか?
それとも、あくまで2011の夏まで不透明なままなのか。

どちらにせよ、早く行く先を知りたいですね。
でなければ、対応のしようがありません。




と、少し愚痴ってみました。w
裏事情をご存じの方がいましたら、こっそり教えてください。w


でわ。^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。