カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
( ^ω^)みたお
プロフィール

もんた

Author:もんた
 
もんた です。

トレード技術は、なにも優れた人間ではありません。
負けトレードも多いです。
今現在、口座残高が増えていってる訳でもありません。

でも、皆さんと一緒にがんばって、皆さんと一緒にメリケンどもに一泡吹かせたいという夢を持っています。
見せつけましょう!大和魂!


※メルアドです。イタズラ禁止でお願いします。w
   ↓
monta.trade あっと gmail.com

※twitterをテストではじめてみます。アドレスはリンクに載っていまーす。^^
 

ランキングに参加しました。
クリックしてくれると嬉しいです。(*゚∀゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

カテゴリ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁量という名のテクニカル

みなさん、おはようございます。

週末の雇用統計、フル勃起だったようですね。
その頃は、すでに夢の中でした。

みなさんは勝てましたか?
僕はやっていたら死んでいたと思います。w

なので、それを懸念して休んだのは作戦勝ちと言ってもいいのかもしれませんね。w




さて、最近、考えさせられる事があります。
以前の僕は、何にかしらのテクニカルによって完全に数値化できるロジックを一生懸命探していました。
これは、シストレと言っても良いのかもしれませんが、とにかく、エントリーの根拠を感覚ではなく明確な数値とした根拠を持たせるという事です。

しかし、どのようなルールを考えても結果は同じになりました。
リスクを増やせば勝率は上がる。
勝率は上がったが、一回の負けトレードによる精神的、資金的負担が大きくなる。
それを補うため、小さな勝ちをコツコツと積み上げて帳尻を合わせる。

リスクを減らせば勝率は下がる。
勝率は下がったが、一回の勝ちトレードでの利益は大きい。
しかし、それでやっとトントンと言った感じの損切りを実行せざるを得なくなっている。


そんな悪循環に陥るだけでした。
その他にも、うまく噛み合わない事ばかりです。

順張りに徹すればレンジで殺される。

逆張りに徹すればトレンドで殺される。

両方を臨機応変に使い分けようとすると、悪いとこ取りで殺される。


これは僕のセンスが悪いからでしょうか?
もちろんそうかもしれません。
しかし、必ずしも答えは『YES』ではないと思います。



テクニカルで数値化できるロジックとは、逆に考えると『猿でも勝てるロジック』となります。
はたして、相場とはそんなに簡単な世界でしょうか?

そんなロジックがあれば、リーマンBrosではないですが、投資銀行やファンドが倒産するでしょうか?
赤字でヒーヒー言うでしょうか?

世界に数多く存在する銀行やファンド。
その中の人材は、僕が10年かかって辿り着く道を1日で達成するような人材ばかりでしょう。
そのような多くの人材が豊富な英知を振り絞っても達成するのが容易くない事を、僕は一人で実行しようとしていました。

もちろん、これは不可能な事ではないでしょう。
しかし、あまりに非現実的と言わざるを得ないです。


しかし、もともと裁量のみでトレードし、大量の資金を溶かした僕には数値化できない物に恐怖や不安を感じていました。

これも大きな矛盾ですね。
『そんなシステム、簡単に作れない!』 vs 『裁量が含まれるなんて安心できない!』 の構図です。
永遠に決着を見ないでしょう。


自分の裁量を絶対の不安材料とし、全てのトレードで裁量を排除していた僕が最近になって感じる事は、
『今の自分の裁量(相場観)は、昔の裁量(カン)とは別物なのではないか?』という感覚です。

こればかりは言葉で説明しにくいモノですが、最近は本当に“カン”ではない感覚で、相場の動きが見える時があります。

もしかしたら、ただの“カン違い”かも知れませんが。w



そんな感じで、相場を“感じる”事をエントリーの材料としてもいいのではないだろうか?
その感覚をひとつのテクニカルとして考えてもいいのではないだろうか?

そう感じています。


相場を始めて、数週間や数ヶ月ではなく、年単位で負けの苦しみを味わい、それにもめげずにチャートを睨み続けた結果として、ある程度の信頼を寄せても構わない程度の相場観は身に付けられているのではないだろうか?

そう感じています。




僕の好きな映画の中にスターウォーズがあります。
最近は、オビワンに 『考えるな。感じろ!』 と言われているような気がします。w
(ブルース・リーも言ってますし。w)


もう少し自分の今の裁量を信じてトレードをしてみたいと思います。
もし、それで失敗しても死ぬわけじゃないですしね。^^


そんなこんなで、今週もあと数分で始まります。
今週もがんばります。
みなさんもがんばってください。^^


みなさんがフォースと共にあらんことを!







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 ずっと拝見していましたが、初めてコメントします。パラさんのランクル時代をリアルタイムで見てきたファンでもあります。これまで何度も大負けして、もう後がなく、ようやく真剣にチャートと向かい合って自分なりのトレード方法をつかもうとしているところです。

 私も「裁量を入れない完全に数値化されたシステム」を目指していました。自分の裁量が信じられなかったからです。しかし結果はほとんど±0で、「何がいけないのか、もっとフィルタをかけなければ」と思っていました。

 最近になって、「ここはSサインが出ているけれど上がりそうだ」と思って、サインを見送った結果、その通りだったことが続き、成績は上がりましたが「裁量なんて不確実なものに頼りたくない」という気持ちから不安も感じていました。そんな時、もんたさんの記事を読んで、「まさに自分が考えていたことだ」と驚き、また、もんたさんが出された結論に安心したと言うか、自信を得たような気がします。

 以前、全くFXをしたことがない友人(精神科勤務)にチャートを見せて「こういう値動きを見ながら、完全に数値化されたシステムでトレードしたいと思っている」と話したところ、少し考えてから「んー、今は何も言わないけど、やってみたら」と言うので、どういう意味かと聞いてみると、「本当にそれだけで勝てるだろうか?ベテランの精神科医は、詳しく検査しなくても、暫く話をしていれば相手が統合失調症かどうかわかる。それは経験から来る勘みたいなものだ。こういうトレードも同じなんじゃないか」と言われたのです。その時「システムこそ全て」と思っていた私は「やったことが無いくせに何がわかるんだ」と思っていましたが、今になってみると、彼の言うことが正しかったのかもしれません。

 今私は、トレードをすることでお金以外にも今までの自分には足りなかった何か、甘い人生観を捨て、忍耐力や感謝の気持ちを得られるのではないかとの期待を抱きつつFXに取り組んでいます。長々と書いてしまいました。もんたさんは私にとって数歩先を行っている先輩です。これからもブログを楽しみにしております。

匿名さん

>  ずっと拝見していましたが、初めてコメントします。パラさんのランクル時代をリアルタイムで見てきたファンでもあります。これまで何度も大負けして、もう後がなく、ようやく真剣にチャートと向かい合って自分なりのトレード方法をつかもうとしているところです。
>
>  私も「裁量を入れない完全に数値化されたシステム」を目指していました。自分の裁量が信じられなかったからです。しかし結果はほとんど±0で、「何がいけないのか、もっとフィルタをかけなければ」と思っていました。
>
>  最近になって、「ここはSサインが出ているけれど上がりそうだ」と思って、サインを見送った結果、その通りだったことが続き、成績は上がりましたが「裁量なんて不確実なものに頼りたくない」という気持ちから不安も感じていました。そんな時、もんたさんの記事を読んで、「まさに自分が考えていたことだ」と驚き、また、もんたさんが出された結論に安心したと言うか、自信を得たような気がします。
>
>  以前、全くFXをしたことがない友人(精神科勤務)にチャートを見せて「こういう値動きを見ながら、完全に数値化されたシステムでトレードしたいと思っている」と話したところ、少し考えてから「んー、今は何も言わないけど、やってみたら」と言うので、どういう意味かと聞いてみると、「本当にそれだけで勝てるだろうか?ベテランの精神科医は、詳しく検査しなくても、暫く話をしていれば相手が統合失調症かどうかわかる。それは経験から来る勘みたいなものだ。こういうトレードも同じなんじゃないか」と言われたのです。その時「システムこそ全て」と思っていた私は「やったことが無いくせに何がわかるんだ」と思っていましたが、今になってみると、彼の言うことが正しかったのかもしれません。
>
>  今私は、トレードをすることでお金以外にも今までの自分には足りなかった何か、甘い人生観を捨て、忍耐力や感謝の気持ちを得られるのではないかとの期待を抱きつつFXに取り組んでいます。長々と書いてしまいました。もんたさんは私にとって数歩先を行っている先輩です。これからもブログを楽しみにしております。



匿名さん、コメントありがとうございます。^^

月曜の朝一で市場参加する予定だったんですけど、必要以上に早起きしてしまいました。w
そんな中で、時間潰しも兼ねて書いた近況の感想だったんですが、このような共感を頂けて恐縮です。^^

さて、僕もやはり匿名さんのコメントに共感できる部分が多いです。
特に、「裁量なんて不確実なものに頼りたくない」という気持ちから不安も感じていました』 と言った部分、以前の僕は まさに同じ心境でした。

苦い経験が濃ければ濃いほど、己の裁量による一時的な好調期などは むしろ“悪”と感じていました。


しかし、匿名さんも気付いている通り、相場で勝ち続けるには“裁量を磨く”というのは必須事項かもしれませんね。

そこに気付いているのに、気付かないフリをしてシストレを探求するのも良いかもしれません。
でも、そうではなく『相場で生計を立てたいにも関らず、裁量が低レベルである』 という絶対的な弱点にしっかり目を向けて、そこを改善するのが先決かもしれない。 そう考える今日この頃です。

もしかしたら、僕たちの裁量は自然と磨かれているかもしれませんよ。^^


…まぁ、僕はついさっき最悪なトレードをしてしまい、そんな希望も儚く散りそうな感じもありましたけど。w



これからも頑張りましょう!
またコメントくれたら嬉しいです。^^

No title

はじめまして。
では実はなくて、スカイプで某氏を待つという企画?で、おみかけしたことがあるのですが、その時の印象とこちらのブログの印象がずいぶん違って驚き半分でロムしてました。

私もEAを散々いじくりまわした時期があるのですが、結果はでませんでした。
今思えば、既存のインディケーターの数値の組み合わせでは、理解が雑すぎるのではないかと思います。

純粋な値動きを示すのはティックであって、チャートに落とした時点でかなりの部分が省略されてしまっています。(なにせ値動きのうち4つしか反映されないわけですから)
それをさらに簡略かしたものがインディケーターです。それらをいくら組み合わせたところで、ランダムな結果しかでずに、長期でみるとスプの分だけ負け続けるということです。そもそもMT4はティック単位のデータは保障しない、とのことですし。

裁量で勝てるということは、結局、人がそのシステムの及ばない部分を埋めているわけで、その埋めている部分を言語化できれば、システムにできるのでしょうが、それはよくあるトレンド系やオシレーター系といったものとは全く別の視点のアプローチになるのだとおもいます。

もちろん、裁量で勝てるのなら、無理にシステム化にこだわる必要もないですよね。

書いてみたら、だからどうしたといった内容になってしまいましたw

これからもちょくちょく覗きに来ます。
頑張ってください。

マギさん

> はじめまして。
> では実はなくて、スカイプで某氏を待つという企画?で、おみかけしたことがあるのですが、その時の印象とこちらのブログの印象がずいぶん違って驚き半分でロムしてました。
>
> 私もEAを散々いじくりまわした時期があるのですが、結果はでませんでした。
> 今思えば、既存のインディケーターの数値の組み合わせでは、理解が雑すぎるのではないかと思います。
>
> 純粋な値動きを示すのはティックであって、チャートに落とした時点でかなりの部分が省略されてしまっています。(なにせ値動きのうち4つしか反映されないわけですから)
> それをさらに簡略かしたものがインディケーターです。それらをいくら組み合わせたところで、ランダムな結果しかでずに、長期でみるとスプの分だけ負け続けるということです。そもそもMT4はティック単位のデータは保障しない、とのことですし。
>
> 裁量で勝てるということは、結局、人がそのシステムの及ばない部分を埋めているわけで、その埋めている部分を言語化できれば、システムにできるのでしょうが、それはよくあるトレンド系やオシレーター系といったものとは全く別の視点のアプローチになるのだとおもいます。
>
> もちろん、裁量で勝てるのなら、無理にシステム化にこだわる必要もないですよね。
>
> 書いてみたら、だからどうしたといった内容になってしまいましたw
>
> これからもちょくちょく覗きに来ます。
> 頑張ってください。




マギさん、返信遅くなり申し訳ありません。^^;
実は、とっくに書いたはずのリコメが反映されていませんでした。
さっきチャット仲間に指摘されて焦りました。w


以前にスカイプで会っていたんですね。
印象が異なるようで申し訳ありません。ブログだと少しかしこまっちゃう感じです。^^;


さて、マギさんと同意見です。
僕は以前は四本値を用いて様々なバックテストを行いましたが、やはりリアルタイムで動くローソク足の雰囲気が重要だと気付きました。

ありふれた表現ですが、同一のシステムで勝ち続ける事など不可能ですね。
その設定なりロジックに頻繁に手を加えなければ勝ち続ける事は出来そうにありません。
その設定作業にまた裁量が必要となります。
これはセンスと言っていいかもしれません。
そのセンスは、トレードにおけるそれと同様で数値化して判断できるものではないように感じています。

僕こそ だからどうした って感じのリコメになっちゃいましたね。w


これからも頑張っていきましょう!^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。