FC2ブログ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
( ^ω^)みたお
プロフィール

もんた

Author:もんた
 
もんた です。

トレード技術は、なにも優れた人間ではありません。
負けトレードも多いです。
今現在、口座残高が増えていってる訳でもありません。

でも、皆さんと一緒にがんばって、皆さんと一緒にメリケンどもに一泡吹かせたいという夢を持っています。
見せつけましょう!大和魂!


※メルアドです。イタズラ禁止でお願いします。w
   ↓
monta.trade あっと gmail.com

※twitterをテストではじめてみます。アドレスはリンクに載っていまーす。^^
 

ランキングに参加しました。
クリックしてくれると嬉しいです。(*゚∀゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

カテゴリ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途中ですが更新です

≪02:32 追記あり≫


こんばんわ。^^

まだトレードチャンスを窺っていますが、ひとまずブログアップしておきます。

今のとこ、ノートレードです。
夕方にポン円でロングを狙っていたんですが、エントリーしたいタイミングと指標が重なったのでスルーしました。
結果的には良かったです。ただ、今日もノートレードの可能性が濃厚になってしまいました。^^;


指標の下げ方的に、いまはショート脳に切り替わってますが11/1の安値を更新できるか出来ないかで様子も変わってきそうです。(そう妄想しています)
なので、もう少しニラメッコしています。



今日、冷静に再度自分の成績を振り返りましたが、ここ最近は本当にヒドいです・・・。
こんな成績を晒してるブログなんて見た事ありません。OTL

僕がよほどセンスに欠けているのか、
それとも、大半はこんなレベルだけど、みんな隠しているのか・・・。

ぜひ、後者であると願いたいです。;;



それでは、チャート監視を続けます。^^

でわ。



≪02:32 追記≫

ショート脳からロング脳に変わりそうなタイミングになってます。

・・・え?? 『どうでもいい』って??

      (´Д`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

Yです。
パラさんのところから来ました。
過去日記で暗に私の事にも触れていただいている様で、恐縮です。

少し前の日記もそうですが、活字を拝見する限り悩んでおられる様ですね。
そして、勝てていないことは活字でも分かってしまうのです。
少し時間があるので、何かの気付きになればと思い書かせていただきますね。

まず、具体性なお話を致しますね。
もんたさんも大変努力されたのだと思いますが、私もあらゆる投資の勉強をしました。
インジケータのソースを書き変え設定を書き替え、海外サイトの投資システムをダウンロードして使いと、あらゆるテンプレードや知識を習得したものです。
今も自身で作成した平均足のテンプレートを見たりする時もありますが、最終的に使用しているのはとても質素なものです。
RSI、MA21・55、加えて天井と底を判別しやすいのでフラクタルを追加しています。
ですが、自分で意識する必要のある時以外はほとんど見ません。
私の戦術は、チャートにラインを引くことです。
例えば、今日のエントリー例ではポンドドルのチャネルブレイクを確認し、さらに引きつけて、戻り高値を売りました。1.6697です。
そこから、ターゲットを2つ用意していましたが、直近目標は1.6580辺り、勢いがあれば1.6530辺りと考え、実際は1.6530辺りに自身でひいた安値ラインもブレイクされましたが、
それより下には追っていません。私の予測にないからです。
一旦ラインに跳ね返されたことを確認し、1.6545で利食いしました。

私の予測ここから一旦リトレイスして上向きです。
先は1.6580-90が最小目標、おおよそ想定するのは1.6620辺り、最大では1.6650辺りでしょうか。
最小と最大は同じ角度になるようにチャネルのようなラインを引いてあります。
しかし、これは今の時点の予測で底が変われば変更となります。
外れたら笑ってやって下さい。
但し、私はトレンドの方向にしかポジションを持たないので、今回は持ちません。
もう、小さいトレードはしないと決めたからです。
これは、個人の運用ルールですね。

ちなみに、資産運用管理のルールは特にありません。
ポジションを持った直前の高値または安値にストップを置くだけで、RRRの計算やストップロスのpips数をATRから割り出すといった事もありません。
フィボナッチ数は意識します。また、今回のトレードにロンドンオープンは意識しています。
これぐらいです。

きっと、もんたさんもこの程度の知識はお持ちの筈です。
それでは、なぜもんたさんは勝てないのでしょうか?

例えば、もんたさんに私のトレード法を伝授しても、下のサポート、私の利食いラインを割ったらどうするでしょうか?
自身がひいたラインが割られたのです。
困りますよね。
非常に不安になります。

また、今回のチャネルブレイクからのエントリーは、
実は週の頭にひいていた高値をつないだレジスタンスラインとぶつかったところを確認し、
それを破れずに戻り、その後短期チャネルラインを下へブレイクし、
ブレイクした後も一旦リトレイスを信じて待ち、
そしてやっとエントリーしています。

しかし、このやり方で私の高値を想定したレジスタンスラインは一旦破られています。
その後もライン際のレンジではやる気満々で上に向かっているように見えます。
なぜ、このレジスタンスラインが守られることを想定できていたのでしょう?
もんたさんは耐えられないのではないでしょうか?

”想定できていた”訳ではないのです。
間違う時も多いのです。
あくまでここが勝負の分かれ目になるのであれば、自分はレジスタンスが守られると"信じた"のです。
ですから、レジスタンスラインを背に売りで入ることができたのです。


皆さん、How toばかりに目がいきます。
これは、私にはミクロで言えば個々の資質にも感じますし、マクロで言えば宇宙の法則のようにも感じます。
また、マーケティング的にパレートの法則で言えばHow toに目がいく人が8割なのでしょう。
例えを変えれば、お昼のワイドショーのニュースを鵜呑みにする人が8割でしょう。
もんたさんが2ちゃんねるを見ておられた?のでしたら、真の情報の存在に気付かれていると思います。
見出し方を見つける側になった時点で、情報に流される8割を脱しましたね、残り2割になっているでしょう。
How toに疑問を持つこと、これは重要なことです。


違う角度から書きます。

How toは戦術です。
しかし、勝ち残るために必要なのは戦略です。

コンサルティング業界の定義では、長期的に企業の発展のための指針を計画することを戦略、短期的な計画を戦術と言います。
戦略は、中期経営計画でも3年といったところです。
そこまでのスパンを考えた上で、戦術を計画します。
ちょうど、月足や週足を見て、トレードに臨む様ですね。

また、戦略に大事なものが4つありますが、1つにビジョン(企業理念)があります。
人生においては夢、や希望や目標と言えるものかもしれません。

もんたさんは、戦略をおもちですか?
あるいは、戦略を持って愚直に努力したことはありますか?
あるとすれば、それで得た成功体験がありますか?

戦略・・・遠い先の成功をを意識して下さい。
イメージできなければ、近い成功体験をイメージして下さい。

私は、このラインによるトレードで、
上にひいたレジスタンスラインは破られても戻ると待ち、
その後確実なエントリーをするにはチャネルブレイクがなければならないとさらに待ち、
ブレイク直後もチャネルの角度が急なので、即仕掛けるとリトレイスして一旦含み損になるのが精神的に辛いのでそのリトレイスも終わったところで売っています。



話は変わりますが、ビジネスの成功者は、哲学・心理学・宗教学を学んでいる方が多いと聞きます。
私個人では、NLPや孫氏の兵法がお勧めです。
また、これら面々は大変孤独を感じる方が多い様です。
自己の意思決定が全て自分に跳ね返ってくるからでしょうか。
最終的には、自身の決定が道を決めるのです。
場合により、他人の人生まで狂わせかねません。
とても辛く怖いことです。
誰に相談しても答えもありません。
トレーダーも孤独に意思決定を行うため、よく似ているでしょう。
しかし、裏を返せばこういう時だけ負荷に思うだけで、現実世界では全て自身で意思決定した結果、今の自己が形成されている訳です。
もし、弱い心の支えが必要であれば、また更なる幸せな未来を求めるためにも、これらを勉強されると良いのではと思います。
調べるとオカルトに感じるかもしれませんが、ハーバードビジネススクールでも大人気のNLPはぜひ勉強してみてください。お勧めです。

但し、これらの知識は自己の内側へ負のエネルギーを持って向かうと悪く作用する一面もあることに注意されてください。
うまく正のエネルギーの部分をイメージすることが肝心で、あらゆる物事に対して良いイメージを持てれば、それは何らか幸せな未来を描いていきます。


話を戻します。
既にお気づきかと思いますが、チャートは戦術です。
戦術は、戦略を達成するための心の支えです。
無論、最低限の武器として手ぶらで戦うことは無謀なので使用しますが、支えて欲しい根本が無ければ、負けが続いた時に撤退することとなります。
また、根本が見えさえすれば、戦術が自分に合っているのかも見えてきます。
そうなれば、例えば同じインジケータを使用しても使い方が変わるのです。
だから、私にはラインが強固に感じるものの、他の方に合うとも思っていません。

例えば、私は一目均衡表はよく機能するだろうと思います。
それは(市場のるコンセンサス等外部要素を一切排除して考えれば)、雲を信じる人の心の支えになるからだと思っています。
特に、神のいない心の弱い日本人に最も合うものだと感じます。
ですので、インジケータはSMAであろうがEMAであるろうが基本的にはどれも同じです。
自分に合うもの、自分の知りたい情報を使用することです。

そして、その情報で自分はうまくいくことを信じ抜くことです。

駄目であればPDCAサイクルで改善を続け、駄目なら修正していき、"きっとうまくいく"と信じることです。
信じられるようになると、いろいろなインジケータが必要無くなります。
ですから、勝てる人はチャートがシンプルになるのです。
事実はとてもシンプルです。


以下、勝手な想像で書きます。

もんたさんの文章を読む限り、メンタルが弱く感じますが、勝つ資質はあるように感じます。
正直、無いと感じる人もいます。
そういう方には、コメントしません。

また、もんたさんには素晴らしいメンターがいらっしゃいます。
また、もんたさん自身が素晴らしいと思われているメンターが、もんたさんのためにヒントや手法を教えてくれているのです。
しかも、メンターは成功体験を知っているお方です。
これで、もんたさんが成功しない訳がないじゃないですか。
成功をイメージしましょう。


脳は否定形をイメージできないんですから。
成功イメージさえ続けて頑張れば道は開けます。

ある最強のマラソンランナーも、東京オリンピックでこういう言葉を残しています。

「最強の敵は自分自身だ」


成功して、いろいろなところへ還元して下さい。

No title

こんばんは
いやードル円が割れましたねー
14年ぶりだそうで、日経夕刊の一面を飾ってましたね。
僕は完全に乗り遅れたので87円で戻りを叩きましたが、どうなることやら^^;

バックテストの話ですが、自分なんかよりも徹底してされているようですね。失礼しました(汗)
勝率なども把握されているということは、やはり慎重になりすぎている部分があるのかもしれませんね。

ですが、慎重すぎる人間と軽率すぎる人間なら、やはり慎重すぎる人間の方が長期的に財を築けると思います。

僕の会社の上司で、営業をされている方がいます。
彼は、僕があきれる程慎重な人です。一人で何時間も考え込むこともしばしばあります。
この不景気で僕の会社でも不渡り手形や回収不能といったケースが何社もでてきました。
しかし彼が担当した得意先は倒産しません。(立場上一人で100社くらいかかえているにも関わらずです)
万一、倒産しそうになっても、すぐに察知して売掛金が発生しないようにし、それまでの売掛金もすべて回収しています。
彼いわく、『徹底的に叩いて無事だった石橋は、走って渡る』そうです(笑)

マーケットの魔術師だったかな?(うろ覚えです^^;)
インタビュアー『どうして君は金持ちになれたんだい?』
魔術師『臆病だから、すぐに利益を確定してしまうのさ(笑)』
という一説もあったと思います。

慎重さは美徳です。
しかし、場面によっては不利に働くこともあるのでしょう。

なんか話がそれましたが。。。
大金持ちになった人間にはいろんなタイプの人間がいる。ということもまた事実です。
もんたさんはもんたさんというタイプで上を目指してください。
お互い頑張りましょう!

ちなみに僕は軽率グループです(笑)

よろしければ参考に

偶然私もYさんとトレード方法がよく似ています。
もしポンドルを見ていたらほぼYさんと同じ位置からのエントリーになります。
目標値の決定もそんな感じです。

私ももんたさんならできると思うので、
何かの気づきになればよいと思い書いておきます。
取引通貨はポン円、昼過ぎからチャートを見たので戻りを売る作戦です。
144.62S(私の場合は40以上リスクをとらないとダメなときは見送りです)  ターゲットは近くに適当な安値がなかったので値幅計算(面倒なので目分量でだいたい)をもとに143.60
この後もっと下げようがかまわないんです。
エントリーの根拠は自分で引いたラインのみです。
オシレーター系もいっさい見ません。

ふだんならリトレイスしたときに買いますが(基本的に夕方からしかチャートを見ないのでチャンスを増やすため)、
今日は下げの勢いが強そうなので売りのみでした。
そのあたりはカンです。

あらゆるインジを試したみたいなので分かると思いますが
どれも一長一短です。
自分で相性のよさそうなものを早く見つけて極めるのが
一番の近道だと思います。
自分でラインをひきまくることの短所は想像の通り
慣れないと主観が入りまくりのところです。
裁量の要素がすごく大きいところです。
それでも私にはこの方法が一番よかったのです。

あと人と獲得pipsを比較しなくなってからトレードが安定してきました。一番のライバルは自分なんです。
書いていることがYさんと似ていますねw

がんばってください。応援しています。

Y さん

> Yです。
> パラさんのところから来ました。
> 過去日記で暗に私の事にも触れていただいている様で、恐縮です。
>
> 少し前の日記もそうですが、活字を拝見する限り悩んでおられる様ですね。
> そして、勝てていないことは活字でも分かってしまうのです。
> 少し時間があるので、何かの気付きになればと思い書かせていただきますね。
>
> まず、具体性なお話を致しますね。
> もんたさんも大変努力されたのだと思いますが、私もあらゆる投資の勉強をしました。
> インジケータのソースを書き変え設定を書き替え、海外サイトの投資システムをダウンロードして使いと、あらゆるテンプレードや知識を習得したものです。
> 今も自身で作成した平均足のテンプレートを見たりする時もありますが、最終的に使用しているのはとても質素なものです。
> RSI、MA21・55、加えて天井と底を判別しやすいのでフラクタルを追加しています。
> ですが、自分で意識する必要のある時以外はほとんど見ません。
> 私の戦術は、チャートにラインを引くことです。
> 例えば、今日のエントリー例ではポンドドルのチャネルブレイクを確認し、さらに引きつけて、戻り高値を売りました。1.6697です。
> そこから、ターゲットを2つ用意していましたが、直近目標は1.6580辺り、勢いがあれば1.6530辺りと考え、実際は1.6530辺りに自身でひいた安値ラインもブレイクされましたが、
> それより下には追っていません。私の予測にないからです。
> 一旦ラインに跳ね返されたことを確認し、1.6545で利食いしました。
>
> 私の予測ここから一旦リトレイスして上向きです。
> 先は1.6580-90が最小目標、おおよそ想定するのは1.6620辺り、最大では1.6650辺りでしょうか。
> 最小と最大は同じ角度になるようにチャネルのようなラインを引いてあります。
> しかし、これは今の時点の予測で底が変われば変更となります。
> 外れたら笑ってやって下さい。
> 但し、私はトレンドの方向にしかポジションを持たないので、今回は持ちません。
> もう、小さいトレードはしないと決めたからです。
> これは、個人の運用ルールですね。
>
> ちなみに、資産運用管理のルールは特にありません。
> ポジションを持った直前の高値または安値にストップを置くだけで、RRRの計算やストップロスのpips数をATRから割り出すといった事もありません。
> フィボナッチ数は意識します。また、今回のトレードにロンドンオープンは意識しています。
> これぐらいです。
>
> きっと、もんたさんもこの程度の知識はお持ちの筈です。
> それでは、なぜもんたさんは勝てないのでしょうか?
>
> 例えば、もんたさんに私のトレード法を伝授しても、下のサポート、私の利食いラインを割ったらどうするでしょうか?
> 自身がひいたラインが割られたのです。
> 困りますよね。
> 非常に不安になります。
>
> また、今回のチャネルブレイクからのエントリーは、
> 実は週の頭にひいていた高値をつないだレジスタンスラインとぶつかったところを確認し、
> それを破れずに戻り、その後短期チャネルラインを下へブレイクし、
> ブレイクした後も一旦リトレイスを信じて待ち、
> そしてやっとエントリーしています。
>
> しかし、このやり方で私の高値を想定したレジスタンスラインは一旦破られています。
> その後もライン際のレンジではやる気満々で上に向かっているように見えます。
> なぜ、このレジスタンスラインが守られることを想定できていたのでしょう?
> もんたさんは耐えられないのではないでしょうか?
>
> ”想定できていた”訳ではないのです。
> 間違う時も多いのです。
> あくまでここが勝負の分かれ目になるのであれば、自分はレジスタンスが守られると"信じた"のです。
> ですから、レジスタンスラインを背に売りで入ることができたのです。
>
>
> 皆さん、How toばかりに目がいきます。
> これは、私にはミクロで言えば個々の資質にも感じますし、マクロで言えば宇宙の法則のようにも感じます。
> また、マーケティング的にパレートの法則で言えばHow toに目がいく人が8割なのでしょう。
> 例えを変えれば、お昼のワイドショーのニュースを鵜呑みにする人が8割でしょう。
> もんたさんが2ちゃんねるを見ておられた?のでしたら、真の情報の存在に気付かれていると思います。
> 見出し方を見つける側になった時点で、情報に流される8割を脱しましたね、残り2割になっているでしょう。
> How toに疑問を持つこと、これは重要なことです。
>
>
> 違う角度から書きます。
>
> How toは戦術です。
> しかし、勝ち残るために必要なのは戦略です。
>
> コンサルティング業界の定義では、長期的に企業の発展のための指針を計画することを戦略、短期的な計画を戦術と言います。
> 戦略は、中期経営計画でも3年といったところです。
> そこまでのスパンを考えた上で、戦術を計画します。
> ちょうど、月足や週足を見て、トレードに臨む様ですね。
>
> また、戦略に大事なものが4つありますが、1つにビジョン(企業理念)があります。
> 人生においては夢、や希望や目標と言えるものかもしれません。
>
> もんたさんは、戦略をおもちですか?
> あるいは、戦略を持って愚直に努力したことはありますか?
> あるとすれば、それで得た成功体験がありますか?
>
> 戦略・・・遠い先の成功をを意識して下さい。
> イメージできなければ、近い成功体験をイメージして下さい。
>
> 私は、このラインによるトレードで、
> 上にひいたレジスタンスラインは破られても戻ると待ち、
> その後確実なエントリーをするにはチャネルブレイクがなければならないとさらに待ち、
> ブレイク直後もチャネルの角度が急なので、即仕掛けるとリトレイスして一旦含み損になるのが精神的に辛いのでそのリトレイスも終わったところで売っています。
>
>
>
> 話は変わりますが、ビジネスの成功者は、哲学・心理学・宗教学を学んでいる方が多いと聞きます。
> 私個人では、NLPや孫氏の兵法がお勧めです。
> また、これら面々は大変孤独を感じる方が多い様です。
> 自己の意思決定が全て自分に跳ね返ってくるからでしょうか。
> 最終的には、自身の決定が道を決めるのです。
> 場合により、他人の人生まで狂わせかねません。
> とても辛く怖いことです。
> 誰に相談しても答えもありません。
> トレーダーも孤独に意思決定を行うため、よく似ているでしょう。
> しかし、裏を返せばこういう時だけ負荷に思うだけで、現実世界では全て自身で意思決定した結果、今の自己が形成されている訳です。
> もし、弱い心の支えが必要であれば、また更なる幸せな未来を求めるためにも、これらを勉強されると良いのではと思います。
> 調べるとオカルトに感じるかもしれませんが、ハーバードビジネススクールでも大人気のNLPはぜひ勉強してみてください。お勧めです。
>
> 但し、これらの知識は自己の内側へ負のエネルギーを持って向かうと悪く作用する一面もあることに注意されてください。
> うまく正のエネルギーの部分をイメージすることが肝心で、あらゆる物事に対して良いイメージを持てれば、それは何らか幸せな未来を描いていきます。
>
>
> 話を戻します。
> 既にお気づきかと思いますが、チャートは戦術です。
> 戦術は、戦略を達成するための心の支えです。
> 無論、最低限の武器として手ぶらで戦うことは無謀なので使用しますが、支えて欲しい根本が無ければ、負けが続いた時に撤退することとなります。
> また、根本が見えさえすれば、戦術が自分に合っているのかも見えてきます。
> そうなれば、例えば同じインジケータを使用しても使い方が変わるのです。
> だから、私にはラインが強固に感じるものの、他の方に合うとも思っていません。
>
> 例えば、私は一目均衡表はよく機能するだろうと思います。
> それは(市場のるコンセンサス等外部要素を一切排除して考えれば)、雲を信じる人の心の支えになるからだと思っています。
> 特に、神のいない心の弱い日本人に最も合うものだと感じます。
> ですので、インジケータはSMAであろうがEMAであるろうが基本的にはどれも同じです。
> 自分に合うもの、自分の知りたい情報を使用することです。
>
> そして、その情報で自分はうまくいくことを信じ抜くことです。
>
> 駄目であればPDCAサイクルで改善を続け、駄目なら修正していき、"きっとうまくいく"と信じることです。
> 信じられるようになると、いろいろなインジケータが必要無くなります。
> ですから、勝てる人はチャートがシンプルになるのです。
> 事実はとてもシンプルです。
>
>
> 以下、勝手な想像で書きます。
>
> もんたさんの文章を読む限り、メンタルが弱く感じますが、勝つ資質はあるように感じます。
> 正直、無いと感じる人もいます。
> そういう方には、コメントしません。
>
> また、もんたさんには素晴らしいメンターがいらっしゃいます。
> また、もんたさん自身が素晴らしいと思われているメンターが、もんたさんのためにヒントや手法を教えてくれているのです。
> しかも、メンターは成功体験を知っているお方です。
> これで、もんたさんが成功しない訳がないじゃないですか。
> 成功をイメージしましょう。
>
>
> 脳は否定形をイメージできないんですから。
> 成功イメージさえ続けて頑張れば道は開けます。
>
> ある最強のマラソンランナーも、東京オリンピックでこういう言葉を残しています。
>
> 「最強の敵は自分自身だ」
>
>
> 成功して、いろいろなところへ還元して下さい。



Yさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

Yさんは、先月月末あたりにパラさんのblogにコメントをされていた Yさん ですか?
http://paradaisufx.blog109.fc2.com/blog-entry-229.html#comment_top

もし違っていたらゴメンなさい。
でも、いまはそうとしか思えないので、そのつもりで返事を書かせていただきます。


まず、ありがとうございます。
とても真剣に、そして親身に僕の事を考えてくれてると感じました。
文体からYさんの持つ知性や教養、ストイックさの中にある優しさや暖かさを感じ取れました。

先週、僕は多くのみなさんにYさん同様に励ましてもらい、暖かい気持ちをもらいました。
そしていまだに調子の回復ができない中、この様なコメントを頂き、本当に嬉しかったです。

ここまでの長文にも関らず、一行たりとも無駄のないコメント。とても説得力があり、沁み入りました。
本当にありがとうございます。


僕からの返事としましては、まず何一つ反論の余地がありません。
Yさんの仰る通り、僕はメンタルが弱い人間です。
そして、それを鍛える時期が今なのだと理解し、日々チャートと向き合い 逃げない自分を作っている段階です。

ビジネスに関する戦略と戦術。僕も前職で学びました。
当時はビジネスにおけるシチュエーションのなかで学びましたが、これは人生においても使えるな と感じました。
いまおかれているトレードの環境の中でももちろん意識していました。
頭では、“ あくまで戦略の中の戦術なのだ ” と理解していたつもりですが、Yさんのお陰で目が覚めました。
いまの僕は、目の前の戦術にしか目が行っていないように感じました。

大きな目的、ビジョンを持ったうえでの戦術でなければ、地に足のついた考えは持てませんね。
地に足がついていない以上、今現在、まったく先に進めてない感じがするのはそのせいかも知れません。



実は、Yさんのこの度のトレード(素晴らしいトレード)、僕が以前に心がけていたトレードに少し似ています。
(こんな事を言うのはおこがましいですが、続けて読んで頂けると嬉しいです)

もともとは、常にレジスタンスとサポートを引いて ブレイクした足(5分足)の終値を持ってエントリー。
反対の直近レジスタンス(or サポート)にストップ。
リカクは1時間足の21ボリンジャー±2σ or 3σ といった感じでした。
(当然、諸々がYさんには遠く及ばないほど貧弱でしが・・・。^^;)

ちょうど一年前から身に付けた手法だったのですが、これがうまく相場にハマり、勝ちを確信できる成績を収めた時期がありました。

しかし、そんな安易な手法がいつまでも許されるほど相場は甘くはなく、突如として全く機能しない相場が訪れました。
大きなDDを貰うと伴に先々に自信もなくなり、また、Yさんのご指摘にもありましたように、ブレイク直後のエントリーでは大きな含み損を抱える時間が多く、あまりにもストレスを感じるようになりました。

また、その頃の僕には、たとえ順張り方向へのポジといえども逆張り的なエントリーをする勇気がなく、
戻りを待ったり、押しを待つ事ができませんでした。

ノーポジの状態であれば、押し(戻り)の時点で 『ここでトレンドが変わってしまうのでは?』 といった恐怖から逃れられずにいました。

そしてその手法は長く使わないようになっていった経緯があります。


しかし、今の僕には押し(戻り)をしっかり待ち、
場合によっては一定の水準内であれば “落ちるナイフを掴む” 勇気も出来てきました。
(もっとも、これが良い事なのかどうかはわかりませんが。^^;)

そして、ここ最近の相場を見て、自分のトレードを見つめなおしている中で最近強く思うのが、
ブレイクアウトとパラサイン、両方が一致するトレードを探せばいいのでは? という思いも出てきています。
あくまでパラサインが主ですが、そのタイミングでブレイクからの押し目が重なるケースも多々あるように感じます。



この度お聞かせいただいたYさんのトレード理念は、お金を払って聞きたい理念です。

トレードのシナリオメイクだけではなく、特に、
『 “想定していた” のではなく “信じた” 』 という言葉。とても深い言葉に感じます。
文として読み流してはいけない、強いメッセージ性を感じました。

このようなお話を詳しくお聞かせ頂いて、なんのお礼もできない今の自分に腹立たしささえ感じます。

今後、かならずYさんへ何らかの形でお礼させてください。
なので、それまではどうか僕にお付き合い頂けると嬉しいです。
時間は掛るかもしれませんが、本心でそう思っています。

そして、それは先週応援してくださった方々へも同様に思っています。



NLPについても学ぶ機会こそ作っていませんでしたが、大変興味のある分野です。
間違ったトレードは全て過去の恐怖から脳がネガティブ反応を示していると解釈しています。
であれば、これをポジティブに活かす事も可能でしょうし、そうするべきだ と思っていました。

よいきっかけを与えてくださり、重ねてお礼申し上げます。

PDCAなども心がけ、改善を続けていきたいと思います。
まずは自分に足りないもののリストアップから始めます。
そして改善のプランを立てていきます。
失敗したらまた立て直します。^^


こんな不甲斐ない僕ですが、また一人素晴らしいメンターに巡り合う事が出来ました。
パラさんに始まり、先週から沢山できました。
全てパラさんから始まった巡り合わせです。本当に感謝しています。

Yさん、これからも時間が許す時にはアドバイスいただけたら幸いです。

本当にありがとうございました。
成功できたあかつきには、必ず 得た以上のものを世に還元しようと思います。







ぶっかー さん

> こんばんは
> いやードル円が割れましたねー
> 14年ぶりだそうで、日経夕刊の一面を飾ってましたね。
> 僕は完全に乗り遅れたので87円で戻りを叩きましたが、どうなることやら^^;
>
> バックテストの話ですが、自分なんかよりも徹底してされているようですね。失礼しました(汗)
> 勝率なども把握されているということは、やはり慎重になりすぎている部分があるのかもしれませんね。
>
> ですが、慎重すぎる人間と軽率すぎる人間なら、やはり慎重すぎる人間の方が長期的に財を築けると思います。
>
> 僕の会社の上司で、営業をされている方がいます。
> 彼は、僕があきれる程慎重な人です。一人で何時間も考え込むこともしばしばあります。
> この不景気で僕の会社でも不渡り手形や回収不能といったケースが何社もでてきました。
> しかし彼が担当した得意先は倒産しません。(立場上一人で100社くらいかかえているにも関わらずです)
> 万一、倒産しそうになっても、すぐに察知して売掛金が発生しないようにし、それまでの売掛金もすべて回収しています。
> 彼いわく、『徹底的に叩いて無事だった石橋は、走って渡る』そうです(笑)
>
> マーケットの魔術師だったかな?(うろ覚えです^^;)
> インタビュアー『どうして君は金持ちになれたんだい?』
> 魔術師『臆病だから、すぐに利益を確定してしまうのさ(笑)』
> という一説もあったと思います。
>
> 慎重さは美徳です。
> しかし、場面によっては不利に働くこともあるのでしょう。
>
> なんか話がそれましたが。。。
> 大金持ちになった人間にはいろんなタイプの人間がいる。ということもまた事実です。
> もんたさんはもんたさんというタイプで上を目指してください。
> お互い頑張りましょう!
>
> ちなみに僕は軽率グループです(笑)



ぶっかーさん、軽率なグループなんですか?
とてもそうは思えないコメント内容ですよ?w

過去のシストレ訓練の際には、まったく期待とは裏腹な結果ばかりで、個人的には
多くの無駄な時間 and 多くの負け手法の把握 を得ることが出来ました。

短期的にみると前者のデメリットが強く感じましたが、今になって思うと、後者のメリットが大きいです。
自分で多くの時間をかけて出した結果なだけに、テクニカル一辺倒の手法で勝つだなんて、夢でもなんでもなく、ただの笑い話だと気付く事ができました。


ドル円、割ってきましたね。
僕はもともと頻繁にドル円はトレードしないのですが、こういった特殊な状況ではノータッチです。w
ドル円だけではなく、今日はクロス円になんだか異様な雰囲気を感じます・・・。

さっき、テクニカルを否定するような感じの返事をしましたが、完全に否定している訳ではありません。
トレードの一貫性を持たせるためのトリガーとして利用価値を感じています。

今のドル円は、HFの仕掛けが至る所にありそうで怖いです。w

妄想の中では、もう少し下げてストップを刈るだけ刈って、年末に向け昇っていくように感じています。
(・・・まぁ、僕の妄想はあまり当たらないですけど。w)

ぶっかーさんのポジ、応援しながら見てますね。^^


慎重すぎる人間と軽率すぎる人間の話、とても嬉しいです。
とはいっても、あくまで軽率なよりは良いってだけで、やはり慎重すぎるのはしばしば毒となりますね。^^;

今後、そのあたりも自分を見つめなおしながら頑張ります。

マーケットの魔術師、そんな一節ありましたね。
どのトレーダーの言葉だったかまでは覚えていませんが、とてもいい本でしたね。
でも、その言葉通りにやってたらビビリカクが増えてしまいそう。w
真に受けないように読み取らないといけませんね。^^

ちなみに、いまはカーティス・フェイスの新しいタートルの本が気になります。
投資の黄金律 だったかな?
前作がとても良かったので、かなり気になってます。
重複した内容も多いかもしれませんけどね。^^;


ぶっかーさんの上司の方の言葉はカッコいいですね。w
最悪、僕が慎重さから抜けられなかったら、その言葉をパクらせてもらいます。w




『徹底的に叩いて無事だった石橋は、走って渡る』 ・・・。 

言ってみたい。(*´Д`*) w

ルーシー さん

> 偶然私もYさんとトレード方法がよく似ています。
> もしポンドルを見ていたらほぼYさんと同じ位置からのエントリーになります。
> 目標値の決定もそんな感じです。
>
> 私ももんたさんならできると思うので、
> 何かの気づきになればよいと思い書いておきます。
> 取引通貨はポン円、昼過ぎからチャートを見たので戻りを売る作戦です。
> 144.62S(私の場合は40以上リスクをとらないとダメなときは見送りです)  ターゲットは近くに適当な安値がなかったので値幅計算(面倒なので目分量でだいたい)をもとに143.60
> この後もっと下げようがかまわないんです。
> エントリーの根拠は自分で引いたラインのみです。
> オシレーター系もいっさい見ません。
>
> ふだんならリトレイスしたときに買いますが(基本的に夕方からしかチャートを見ないのでチャンスを増やすため)、
> 今日は下げの勢いが強そうなので売りのみでした。
> そのあたりはカンです。
>
> あらゆるインジを試したみたいなので分かると思いますが
> どれも一長一短です。
> 自分で相性のよさそうなものを早く見つけて極めるのが
> 一番の近道だと思います。
> 自分でラインをひきまくることの短所は想像の通り
> 慣れないと主観が入りまくりのところです。
> 裁量の要素がすごく大きいところです。
> それでも私にはこの方法が一番よかったのです。
>
> あと人と獲得pipsを比較しなくなってからトレードが安定してきました。一番のライバルは自分なんです。
> 書いていることがYさんと似ていますねw
>
> がんばってください。応援しています。



ルーシーさん、Yさんに続いてルーシーさんまでトレードの披露をしてくれたんですね!
ありがとうございます!^^

で・・・。 これから書く事は本当の事ですからね・・・。ウソじゃないですよ・・・。(´台`)


実は、そこで僕もショートを考えていたんです。
直前までずっと悩んでいましたが、結果は見送りました。

さっき、Yさんへのお返事で書いた感じで、昨晩〜今朝のサポートが強いと判断していました。
昨夜に 『ロング脳に変わりそう』 といった書きこみをしましたが、レジスタンスを超えないまま、月初から気にしていた145.75付近のサポートを割ってきました。

そして、その戻りを確認し、自分の意識している52MAまで戻りました。
(ルーシーさんがポジった場所付近です)

エントリーを悩んだのですが、見送った理由としては、
?直前に下げ過ぎた(達成感があるのでは? と判断した)
?ドル円の戻りが強すぎた(本日中に再度下げると思えない形だった)
?ドル円の大台割れにともなって、市場が不安定になっているような気がした

以上の理由からです。

先ほど、ぶっかーさんのコメントにありましたが、これが僕の悪いところなのかもしれません。
慎重と言えば聞こえはいいですが、『恐怖から逃げる理由を考えてたんだろ?』 と言われても、今の僕にはみなさんに納得してもらえるだけの反論ができる成績が伴っていません。

ここはエントリーするべきポイントだったんだろうな・・・ と後になって反省しました。


結果は、躊躇せず己を信じたルーシーさん(や、その他のトレーダー)の勝ちです。
負けたのは、あそこでロングをした人間ではありません。
負けたのは、僕のように後になってモヤモヤしてしまった人間です。



>書いていることがYさんと似ていますねw

そうですね。似ています。
でも、これはルーシーさんがYさんのコメントをマネたのではない事は明白です。

手法は異なれど、勝てるトレーダーにとってメンタルは同じ境地に辿り着くのではないでしょうか?

勝てているトレーダーはみんな同じ事を考え、同じ事を話すんだと思いました。

僕もうっすらその事実は感じ取っています。
あとは実体験させて体に、脳に記憶させるだけです。


“ ひたすら信じてこれを続けるんだ。それで勝てるんだ ” と。



という訳で、そんなこんなで休場のNY時間です。
今日も、上記の理由で逃した場所がトレードのワンチャンスだったと感じています。

よって、今日もノートレードかもしれません・・・。

僕のノートレードの日の原因は、だいたいこんな感じの日です。
笑ってやってください・・・。


でも、ひとつずつ吸収しています。
ルーシーさん達がアドバイスしてくれている事。
そして、その返事に書いている自分が気付いた事。

なので、もうすこし見守ってもらえたら嬉しいです。


とても参考になるトレードを聞かせてくれてありがとうございました。^^
頑張ります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。